読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitter300字ss 

Twitter300字ss。お題は「散る」です。

 

無題です。

 

 まだ二分咲きの桜並木の土手をゆく。今年は暖かくなるのが遅くって、やっと後ろに乗せてくれた今日で三月は終わる。

 「秋!止まって!だんご屋!」とメット越しに叫んで太ももを叩く。店先に一本だけある白木蓮が灯るように満開で、走っていても目に留まった。

 みたらしもあったけどきな粉にした。皿の上で秋と顔引っ付け合って食べる。粉が風に乗ってくしゃみが出た。

「千里は受けるとこ決めてる?」

「全然」

返事をしたら粉を吸ってしまってむせる。

「私も免許取ろうかな」

秋は「気をつけて」とだけ言ってこちらを見る。少し心配そうに目尻が下がる。私が最近痩せたからだ。秋にも言えないことが増えていく。でもただ、今はだんごが美味しい。

 

 

今までのはこちらから

 

 

toubako.hatenablog.com

 

 

toubako.hatenablog.com

 

 

みんな桜やら花やらを散らせると思ったのできな粉を散らせました。

お気づきだと思われますが、お題は適当にしか守らないタイプです。曲解するか脇道に落としてるだけかどっちかです。

しかし300字短い、向いてない…

それから

友人が書いた掌編に勝手に続きを書きました。
藤色の文字が友人、鴇色の文字が私の書いた部分です。
これを読んだ直後に、君たち三人はうちの科子と同じ高校だな…と思い、餌付け大好きお姉さんに連行され、ちらし寿司とクラムチャウダーを六人で食べる…というところまでさくさく妄想が進みました。
許可をもらったので載せます。
 
元の掌編はこちらから、

Twitter300字ss 『鳳仙花』

Twitter300字ss。お題は「飾る」です。

 


『鳳仙花』

 

 鳳仙花で爪染めをすると指の腹も染まる。指先が灯ったように滲んで赤くなるのが好きで、唇も頬も目尻も花びらで染めて遊んだ。

 冴子のからだを触れ撫ぜると、火照ってその跡が薄紅に変わる。私と違って真白な肌は浮かんだ赤みを邪魔しない。でも冴子は声も出さず、ただからだを熱くするだけだ。時々目をうすく開けたり閉じたりして熱くなる、そんな仕組みの自動人形に思えてくる。こんなに気分がいいのは、こんなにあなたと近くて嬉しいのは私だけなの、と問いたいが、私はあなたにふさわしく何でもわかっている顔をしていたい。考えているうちに不安になり、眼を覗く。真っ暗な瞳の奥、彼女が沈めた幾千もの感情が見えた気がした。

 


前回の分はこちら

 

toubako.hatenablog.com

 

Twitter300字ss 『霜降りる日』

Twitter300字ss。お題は「氷」です。

 

 

霜降りる日』

 

 彼女はいつもサンドイッチを食べていて、朝、駅まで抜ける公園のメタセコイア並木の下のベンチに座っているのが見えるのだった。彼女が気になるのは、同じ制服なのに校内でその姿を見たことがないからだ。

 その日は公園までの自販機でコーヒーを買って、ベンチに近づいた。いつもの舗装された道路を外れ、木の下をゆく。ローファーが、さりと音を立て霜柱。隣に座ると目が合う。斜視だった。何年と聞かれて驚いて二年と答えると、そうとだけ返された。電車の時間が近づき私が立ち上がった時も、目が合って口の端で薄く笑うだけだった。

 彼女は毎日ベンチにいるけどやっぱり学校では顔を見ない。それから私は時々、隣でコーヒーを飲むようになった。

 

 

Twitterで300字ssという企画をやっていて、なんだか面白そうだったのでやってみました。
TwitterのTw300字ssさん(@Tw300ss)の紹介文によると…
#Twitter300字ss とは、月に一度最終土曜日に発表されるお題で、一週間掛けて300字の小説を書き、公開して交流や宣伝に役立てようという企画です。 詳しい概要→ http://privatter.net/p/310549 過去のお題と参加作品集一覧→ http://privatter.net/p/1568334

 

というものらしいです。今回は参加されている人の作品を見て知ったので、期限内に投稿とまではいかなかったのですが、次回からは参加したいなーと考えています。

 

23回東京文フリ ありがとうございました

11月23日の文学フリマ東京に参加しました。

ブースにお越しいただいた、本を買っていただいたみなさま、どうもありがとうございます。

 

f:id:toubako:20161123114910j:plain

 

ごちゃついたブースの図

 

物々交換もありがとうございました。

「物々交換ができると聞いたのですが…」と来てくださった方もいて嬉しかったです。

 

f:id:toubako:20161123133057j:plain

 

あとお友達がケーキを持って遊びにきてくれました。

なんとオーボンビュータン!だった… なんて美しい尊いケーキ…

全て不思議な奥行きがあって「何か分からない味がする…」「桜の味がする… 気がする…」「超塩キャラメル…」「コーティングがもっちりしている…」などとつぶやきながら二人で食べました。ブースで食べました。すみません。

途中で見本誌コーナー見に行ったら、自分の新刊の表紙にかけたトレーシングペーパーが湿気でくるるんとなっていて、戻しても戻してもくるるんとなっていました。ご購入された方はすみませんが湿気にお気をつけください。

 

次回のイベント参加は今のところ未定ですが、今度は長い話を書きたいなーと思っています。地道に進めます。

 

それでは。

第23回 文学フリマ東京 エ52 情報まとめ

11月23日に東京流通センターで行われる、文学フリマ東京に参加いたします。

ブースは二階、エ 52 です。

詩歌・その他のジャンルになっていますが、小説と展覧会記録集を頒布します。

 

以下おしながきです。

 

・個人誌 新刊 『半夏生

f:id:toubako:20161121220453j:plain

 

 

f:id:toubako:20161121220322j:plain

 

書影ですが、一番上にトレペがかかっているので非常に分かりにくい写真です…

めくります。

 

f:id:toubako:20161121220356j:plain

 

装画はよしださきこちゃん、題字はヤラミイロちゃんにお願いしました。

初めて色のついた本を作りました。装丁考えるのが楽しかった。

 

試し読みはこちら↓ 

 

toubako.hatenablog.com

 

 

・合同誌 新刊 『空間みんなの風景』記録集

 

f:id:toubako:20161120013024j:plain

 

今月行った、展覧会の記録集です。

前回の記事に詳しく書きましたのでそちらをご覧下さい↓

 

 

toubako.hatenablog.com

 

 

・個人誌 既刊 『ユートピアだより』

 

f:id:toubako:20161117215226p:plain

 

前回、5月の文フリが初出です。

 

試し読みはこちら↓

 

 

toubako.hatenablog.com

 

 

この三つ本に加えて、「空間みんなの風景」関連企画として、「物々交換で手に入れられる本」の『澄沙とみのり』を頒布します。

すてきな物々交換お待ちしております。

 

 以前説明していた記事はこちら↓

 

toubako.hatenablog.com

 

 

それでは当日、よろしくお願いします。楽しみです。

 

 

文フリ エ52 『空間みんなの風景』記録集できました

文フリで出す先日行った展覧会の記録集ができあがりました。

なんだか訳のわからない感じでいいです。

展示を観にきていない人でも、会場内にどんなルールがあって、どんなものがあって、どんなことが行われたのか、たっぷりの写真と文章でお送りします。

文フリのwebカタログはこちら

「空間みんなの風景」無響サイレン@第二十三回文学フリマ東京 - 文学フリマWebカタログ+エントリー

 

スペースには私が滞在します。メンバーは三人ですが、二人は来ません!!(東京までの物理的距離のため)孤独にがんばります。

書影です。左上の小さな四角は風景シールです。

風景シールとはなんぞや、、、、中身をみればわかります。

f:id:toubako:20161120013024j:plain

 

A4サイズですが、広げるとA3サイズになる見開きページもあります。

 

f:id:toubako:20161120013104j:plain

 

写真と文章を交えつつ、展示の内容を紹介。

 

f:id:toubako:20161120013144j:plain

 

裏表紙は観覧者の方々と物々交換した品のコラージュです。

 

f:id:toubako:20161120013238j:plain

 

文フリでの物々交換企画はこちらをご参照ください。

 

 

toubako.hatenablog.com

 

 

価格は500円です。ワンコイン、46ページです。立ち読み歓迎。気になることがあれば何でも質問してください。

ブースではこの『空間みんなの風景』の他に、私の個人誌も頒布いたします。こっちの新刊は…… まだ…  できて………ません のでがんばります。

 

それでは会場でお待ちしております。