読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰もいないところでつっ立っている少女がこっちを見て塀を飛び越えたのかすり抜けたのか分からない猫がそっちへ行ったと言いながら、洗濯したての匂いのするワンピースをひるがえし隣を通り過ぎ、いつのまにか猫を抱いて行ってしまった。