目を閉じたまま何もかもができるのならその方が良いと考えている幼稚園児