その場で片足をつけたまま半回転する、と正面を向いた自分が立っていた、同じ方向にもう半回転して最初と同じ向きに直るとまた正面を向いた自分が立っていた、さっき現れた今私の後ろにいる自分はどうなっているのか気になって後ろを振り返る途中で多分、その時は私の正面にいた自分も後ろにいた自分もどちらの姿も見えなかったから、両方消えてしまった、

エレベーターに、その扉を背にして乗り込むドアは開けたままにしておく、そこで同じように半回転する、するとエレベーターの外側に自分がいた、わたしはそれを確認すると足の位置を変えないように注意しながらエレベーターのボタンを押し階下へ向かった、その途中もう一度半回転する、箱の外に自分は現れたのか、上に置いてきたものはどうなったのか、

今までと逆の方向に半回転してみる、すると出てきたやつはわたしと目を合わせるなりわたしが回った方向と逆の方に半回転した、いつの間にかわたしはさっき出てきた自分と向き合っていた