秋のすえに

f:id:toubako:20151120235809j:plain

 

 

 

湿気た風吹かない寒くはない道路
夢に会う我を君と呼ぶひとのふみ
香によってつくられし漆黒の像うすい夕暮
照らされた古い塔を見る泣かないで
この冬は懐中しるこの粉のように
固いビスケットアーモンドの粒歯にあたる
猫抱くように缶コーヒー抱き宿に着く