それから

友人が書いた掌編に勝手に続きを書きました。
藤色の文字が友人、鴇色の文字が私の書いた部分です。
これを読んだ直後に、君たち三人はうちの科子と同じ高校だな…と思い、餌付け大好きお姉さんに連行され、ちらし寿司とクラムチャウダーを六人で食べる…というところまでさくさく妄想が進みました。
許可をもらったので載せます。
 
元の掌編はこちらから、

卒業

 

 今日は高校の卒業式。この日くらい晴れてくれればいいものの、わたしの高校は何故かいつも雨だ。今年も雨だった。式が始まる前の教室では既に涙ぐむ生徒もいて、みんな3年間通ったこの学校との別れに想いを馳せていた。わたしもその中の一人になるんだと思っていたが、予想以上に未来が楽しみになってしまい、一ミリも涙が出ない。というのも数時間前。夢のような出来事があって、本当に夢なんじゃないかと何度も自分の手の甲をつねってみたが、そのひとに「夢じゃないよ」と言われてしまった。
 わたしの目の前にいる少女はわたしが同じ質問をしていることに飽きたのか、恥ずかしいのか、うつむきながらつま先で土をいじっている。雨でぐずぐずになった土が彼女の上履きの白を汚していく。何回も聞いてごめんという気持ちはありつつも、何回でも聞きたい自分がいてやっぱり聞いてしまう。

 

「本当に、付き合ってくれるの…?」
「うん」
「佐綾のこと、3年間ずっと好きだった」
「うん」
「佐綾とこれからも一緒にいたいと思った」
「うん」
「佐綾とおいしいもの、食べたい」
「わたしも、そう思ったから応えてるんだ」

 

 卒業式前に、なんで二人して濡れているんだろう。

 

 吹奏楽部の伴奏に合わせて仰げば尊しを全員で歌う。

 指揮台に立って指揮をしているのは佐綾だ。長い髪を一つに縛って、雨をすった制服が肌にはりついている。佐綾は校内の合唱コンクールで毎年指揮者をしていたから今回も指揮に選ばれた。指揮をする理由は自分の声が好きではないかららしい。わたしは佐綾の声も、自分の声が好きじゃないという佐綾も好きだ。

「マヤ、泣いてんじゃん」

「うん。なんか泣けてきた」
「わたしさ、女子校でよかったなーって思うよ。こうやって歌う時なんて特にさ」
「千草と同じクラスになれて良かった」
「…お前はいつも急だな」

 体育館から出ると後輩たちが一輪ずつ花をくれた。部活動をしていた子たちの周りには素早く後輩が集まってきていて、後輩は泣いていた。なんてかわいいんだろうと見ていたら、遠くに先に外に出た佐綾の姿が見えた。手には花と指揮棒が握られている。わたしたちは最後の教室に向かって歩く。

「佐綾かっこよかったよ」
「そう思うのはマヤだけだよ」
「だったらいいな。ライバル減るし」
「ライバルもなにも、いないよ。今日マヤと約束したから」
「佐綾……やばい、めっちゃ好き。キスしていい?」
「そういうことは家でしてくれ」
「千草いたの?」
「ずっといたよ。マヤは浮かれすぎだ」
「3年間見てきたがマヤのこういうところは多分一生治らない」
「千草聞いた?3年間ずっと見ててくれたみたい!」
「わたしは2人が恋人じゃなかったことに驚きだったよ」
「付き合わなくても、このままずっといれると思ったからな」
「佐綾のそういうところ好きなんだよね」
「わたしもそんなお前たちが好きだよ」

 

 教室に着いたわたしたちは担任の先生話を聞き、最後の最後にまた歌を歌い、この学校で3年という月日を共に過ごしたことを思い返した。もう会うことはない人たちもいる。また会うことになるだろう人たちもいる。
 わたしはクラスメイトと一人ずつ握手したい感情になったから、握手をした。手を握るというのはハグをするより愛おしい。そんなことを言ったら千草に笑われた。

「ごめん、お待たせー」
「マヤ遅いよー。校門で記念撮影するんだろう?」
「千草はなんだかんだいつも待ってくれる」
「だと思ってた!」
「…ほら、早く行かないと場所がなくなるぞ」

 

 待って、と足早に教室を出て行こうとする千草の制服の袖を掴む。振り向いた千草は一瞬驚いた顔をして、その後少し笑いながらすっと手を差し伸べてくれた。右手をわたし、左手を佐綾に。三人は円になるように手を繋いだ。
 今日この日まで一緒に過ごしてくれた人たちへ。また三人で円になれる日が来ることを祈って。

 

「マヤ、佐綾、卒業おめでとう」
「千草もおめでとう」
「みんな、卒業おめでとう」

 

 

三人でそんな風にして、くるくるまわったりなんかしてると、勿論誰かしらにみられているわけで、腰の位置がひどく高いスキニー履いた女の人に声を掛けられたりする。

「楽しそうね」 

「どうも」と手を繋いだまま、佐綾がちょっとにやっとして答える。

「三人っていいわよね、うちも三人なの」その人はつり目と薄い唇を弓にしてわらう。

はあ、となんだかよく分からない人に捕まってしまって、というかそもそも何で校舎の中に知らない大人がいるんだろうとか考えてしまう。手を離すタイミングも見失いかけていると、同じクラスの外館さんがスリッパ引きずりながら小走りでこっちに向かってくる。

「幸さんなにふらふらしてんの、」 

「いや、楽しそうな子たちがいたから。科子知り合い?」

「同じクラス」外館さんはこっちを見て小さい声で「なにしてんの」とわらった。気にしたのか千草が手を離してしまった。佐綾が「照れてる」と耳打ちした。

「あなた達この後、うち来ない?ちらし寿司あるの」

外館さんは女の人を見てすこし困った笑い顔をして言う「ごめんね、この人餌付けするの大好きなの。良かったら来ない?私とこの人と、あともう一人一緒だけど」

「そうそう、私たち三人とあなたたち三人、シンパシー感じちゃって。お祝いのご飯、皆で食べたら美味しいし」

「料理プロだから、この人

知らない人だし、そもそも外館さんとはそこまで仲良くないし、答えられないでいると「謝恩会行くより楽しそう、行こうよ」 と佐綾。私はこの後、彼女を家に連れ込んで、心ゆくまで佐綾に甘えようと思っていたのに。早く二人きりになりたくて仕方がなかった。でもこの先、いくらでもそんな時間が取れるんだと思うと、今日はこの偶然に乗ってみてもいいかもしれない。しかも佐綾が楽しそうと思えることに付き合えるなんて、という喜びもわいてきた。「そだね、そうしよ」と賛同すると、千草は「二人が行くなら行ってもいい」と返事をした。校門前の写真は幸さんと呼ばれていた女の人に撮ってもらった。幸さんの車には既に誰かが乗っていて「私と科子とこの人で三人なの」と幸さんは呟やいた。もう一人は有子さんといって、二人とも外館さんの親戚かと思ったけど違うようだった。

外館さんは クラスでも大人っぽいというか達観している部類に入る方で、佐綾もそこに入ると思う。だから彼女が幸さんと有子さんの前では、無邪気で少しだけわがままなのが驚いた。ちらし寿司は最初から私たち三人が来ることを見越していたかのような分量で、外館さんがそのことを指摘すると、幸さんは「卒業式だから絶対誰か誘いたくなるな、と思って」と答えた。

準備よく、テーブルに色とりどりの食べ物が並んでいく。パテとチーズがクラッカーと共に出てきた瞬間、外館さんはこてこてとクラッカーにパテを塗りつけ、それをくわえたままキッチンに向かった。

「三人のむー?」と外館さんが叫んで千草が「何をだよ」と返す。一升瓶抱えて「純米大吟」と不敵な笑みで戻ってきた。

「ごめんね、無理してこの子に付き合わなくていいから」と着替え終えてリビングに戻ってきた有子さんが言う。

「幸、他の飲みものは」

「冷蔵庫にモエと甘酒あるよ」

「お茶淹れるわ」と髪を束ねながらキッチンに入っていく。外館さんもテーブルに日本酒置いた後、有子さんについて行った。カウンター越しの会話は切れ切れにしか聞こえないけれど、料理について外館さんがあれこれ口出ししているようだった。この家に入った途端日常になった彼女ら三人を見ていたら、自分たちも未来、こんなふうになれたらと思う。ぼんやり見ていると幸さんと目が合う。いいもんでしょ。と聞こえた気がする。

揃ったご馳走はちらし寿司つついていると、鋳物の鍋が出てきて、好きによそってと言われる。蓋をあけるとクラムチャウダーだった。千草が「ちらし寿司にクラムチャウダー」と神妙な顔をしていると、「クラムチャウダー、しなの好物なの」とようやく落ち着いて、席に着いた幸さんが言った。「でも、ハマグリのお吸い物貝じゃん。だから貝つながりでいいじゃん」と佐綾が言う。すると途端にそんなこと言う佐綾が可愛くて愛しくてたまらなくなって「佐綾好き」と口走ってしまう。

佐綾は恥ずかしがらず、こちらを真っ直ぐ見て「ありがとう」と言ってくれた。千草はもうお腹いっぱいってな感じで「はいはい、ごちそうさま」と軽くあしらう。外館さんはにやにやして杯を重ねているし、有子さんと幸さんは「いいねぇ」とか「しなはあそこまで素直じゃない」とか交わしていた。

佐綾のしたいことはできる限り叶えてあげて、その場に自分も付いていたい。私は彼女に対する気持ちを、言葉にできるものなら、できるもの限り彼女に伝えたい。そんな願いと、一緒に美味しいものを食べるというさっき呟いた希望の一つとを、現在進行形で叶えられていることに気づいた。

 

 

 

他人の考えたキャラ設定を本文だけから汲み取って書くのは難しかったです。

勝手に考えて勝手に書きました、すみません。

 

ちなみに、外館さんこと外館科子、有子、幸の三人の話は

ここで全編読める『向かう人々』

 

 

toubako.hatenablog.com

 

 

toubako.hatenablog.com

 

ちらりと三人が出てくる『律』。こちらも全編読めます。

 

toubako.hatenablog.com

 

 

同人誌では『みんなのゆり』所収の「行けばその」、しかしこちらは在庫切れです。

 

toubako.hatenablog.com

 

 

はてなに掲載するのを許可してくれた友人に感謝です。

私たちもまた一緒においしいもの食べましょう。